Top / 苦情窓口 / 苦情窓口 / 苦情相談について / 苦情内容と対応(平成25年度)

平成25年4月~6月

 受付時期5月
 項  目怪我について
 苦情内容遊具カラマンのロープはしごに登っていた時、園児Aが押したため
園児Bが落ちてしまい、怒って園児Aの顔を拳で殴ったことに対し
園児Aの保護者から園児Bの保護者の謝罪がほしい。
 解決方法双方の保護者の迎え時間に担任も立ち合い話をする。
  改善方法園児全員が同じ空間で遊ぶ時はルールを確認し合い、自分の
思いを言葉で相手に伝えたり、相手の気持ちに気付けるように
言葉かけをし、子供たち自身が気付けるようにしていく。

 

 受付時期 6月
 項  目 東側道路の樹木について
 苦情内容 東側道路に樹木が出ていて、危ないので切ってほしい。
 解決方法 すぐに高枝鋏で枝をはらい応急処置をしたが、払えない部分は
シルバー人材に連絡に剪定を依頼する。
 改善方法 シルバー人材で選定(8月中旬)をしてもらった後は、定期的に
枝をはらうようにする。
 受付時期 6月
 項  目 園東側道路に駐車している車がある
 苦情内容 朝の忙しい登園時、園の東側道路に駐車していた給食食材の
搬入の車があり通行できず迷惑である。
 改善方法 給食食材の搬入業者の車だったため、業者には園の業者専用
駐車場を利用するように話す。
保護者には業者専用駐車場の場所に駐車しないよう貼紙、手紙
でお願いしていたが再度お願いする。
又、業者専用駐車場には目印としてコーンを置く。

平成25年7月〜9月

 受付時期8月
 項  目車に傷がついていた
 苦情内容降園時、車に乗ろうとした時に車の左後方に傷を発見し、防犯
カメラを設置してほしい。
 解決方法防犯カメラを設置する予定がないことを伝え承諾を得る。全保護
者に駐車・発進に気をつけるようにメールすることを伝え納得して
いただく。
 改善方法全保護者に駐車場利用についてメール配信をし、協力をお願い
した。

平成25年10~12月

 

受付時期 11月
 項  目 診療費について
 苦情内容 保育園で怪我をしたのに保護者の保険を使うことはおかしい。
保育園が10割負担をするのが当たり前ではないか。
そして、危機管理について要望があった。
 解決方法
 改善方法
 保険会社に確認の問い合わせをする。双方に非があるので3割
負担でお願いしたいと返事あり。
園から問い合わせ結果の話をする前に、再受診の時は保護者が
3割負担で支払ってくる。
危機管理について
*怪我は保護者と共有し公開すべき
  →文書提示する
*さつまいも掘り 手に灰汁、やにがつく
  →土の感触を知らせたいが手袋使用とする
*階段のフード 背の高い人はぶつかり危ない
  →防煙フードなので取り外せない
    モビールなどを下げて注意をひくようにする
*引き渡しカード 一刻を争う時にカードのやり取りができるのか
  →保護者に確実に引き渡す方法の一つ
    万が一の時は子どもの命が優先で避難する
*園庭の鉄棒 刀を逆さまに立てているようなもの
  →コーンを置いて注意区域を知らせる。

 

 受付時期12月
 項  目児童館駐車場の駐車方法について
 苦情内容園児の保護者が迎えに来た時、園駐車場が満車で向かい児童館
駐車場に白線をまたぎ駐車したため、児童クラブの利用者が駐車
できなかった。
 解決方法全保護者に駐車場利用についてメール配信をし、協力をお願い
した。

平成26年1月~3月

要望・苦情なし

 

 

幼保連携型認定こども園 小鹿こども園 OSHIKA  KODOMOEN
〒422-8021 静岡市駿河区小鹿二丁目25番15号 TEL:054-285-4538 FAX:054-285-4556   
E-mail:mailto:osikakko@guitar.ocn.ne.jp

Copyright© osika hoikuen All rights reserved.